商品状態の基準

デイトジャストの買取を含めて、高級腕時計の買取を行っているお店にはある程度共通認識の商品状態が有ります。
その基準を知ることで、ある程度の商品価値を知ることができます。

大きく分ければ、そのコンディションは新品と新品同様、そして中古良品と中古品に分類することができます。
アルファベットで、手前からN→S→A→Bとランク付けのように表記されることが有ります。

新品という状態は、言うまでもなく完全な未開封である状態であり、更に最新バージョンであるという条件がつきます。
デイトジャストの場合に関して言えば、新品にはケース保護シールが装着されているためその有無で判断される部分があります。
また、付属品が完備されているという前提条件も付きます。
新品として扱うにあたっては、その付属品に発行日が3ヶ月以内の国際保証カードが含まれていることが求められます。
国際保証カードではなく、日本ロレックス保証カードの場合は若干価値が下がることに留意しておきたいところです。
最新の商品を未開封新品として販売することが出来るだけの条件が全部揃っているものだけが、Nランクに到達することができます。

これに近いもので、新品同様とされるSランクの場合は未開封かどうかにはこだわりません。
未使用であることには変わりありませんが、国際保証カードに個人名が記されて開封されたことが明らかな場合などはSランクに該当されることが多いです。

多くの商品は、自分で使いたくて購入したり、プレゼントされてそのまま使用していたりすることが多いと考えられます。
ですから、大半の商品はその先の中古良品や中古品としての、AランクやBランクに相当することが多いです。
その評価基準としてポイントとなるのは、傷の度合いであると癒えます。
使用頻度が明らかに少なく、どう見ても綺麗だといえるものは中古良品としてAランクに位置されます。
そのため、売却するつもりがなくてもなるべく普段から丁寧に利用することを心がけたいところだといえます。
価値ある商品だと理解して大切に使っていれば、自然とキズなどへの意識も向いて中古良品の範囲に留まることができるでしょう。
大切に使っていた人には、きちんと見返りがあるといえます。

アーカイブ
カテゴリー